ご紹介、任意売却で引越し代金が出る話は本当か

不動産の任意売却の営業トークに、「引越し代が出ますよ」があります。初めて聞くと「ちょっと怪しい」と不安になる場合もあります。ここでは、任意売却において「引越し代ってそもそもどうなの?」というお悩みの方に、お役に立てるように現実的なお話をご紹介させて頂きます。

任意売却すると引越し代は支給されるのか?

ネットなどで任意売却について調べると、任意売却の続きをすれば引越し代が出るとか、100万円とか支払われるとか勧誘されたなどいろいろな記事があります。借金も返せていないのに、引越し代としての現金をもらうことなどできるのか?

結論からいいますと、「引越し代をもらえる可能性はある!」です。

これは、非合法的でも怪しいお金でも悪い事でもありません。しかし、ネットなどではあることないこと色々な情報が溢れすぎて嘘か本当か判断することが難しいです。

ここでは、どうして引越し代がもらえるのか、誰がくれるか、どのくらいもらえるのかを明確にし、引越し代がもらえるという根拠と現実をご紹介していきます。

不動産任意売却で引越し代がもらえる可能性とは

先ほど申しました通り、「結論から言うと引越し代をもらえる可能性はある!」としましたが、その理由をご説明いたします。

理由は、
①絶対出るわけではない。(100%ではない)
②100万円など高額な金額は支給される可能性は低い。
③債権者が負担してくれる。

残念ながら、100%出してもらえるものではありません。また、100万円などの高額な金額の支給はほぼ皆無です。債権者が負担する金額なので交渉し成功することが必要なのです。しかし、通常なら20万円から30万円は検討してくれるようです。

引越し代の出所

不動産任意売却において引越し代は、どこから出るのでしょうか。これを理解していただければ、おのずと引越し代の現実的な支給の実態が、うっすら分かって頂けると思います。

この引越し代金は、債権者から支給されると言っても過言ありません。ここでいう債権者とは、住宅ローンなどのお金を返す相手となります。支給されるというより、考慮してもらえるといった方が良いかもしれません。

任意売却で売れたお金の一部から賄われるのでこういう表現を致しました。債権者も事情が事情だけに考慮してもらえるわけです。理由の1つに、家を何とか売却できたとしても、家を明け渡す事ができる余力が残っていなければ売却活動をスムーズに行えません。

これは、債権者にとっても重要な課題です、承知しています。債権者もスムーズな処理を行いたいと考えてますので、考慮してもらえる余地は「ある」ということになります。もちろん、債権者の方々との話し合いにより出してもらえるかもらえないかは決定します。予めの決まりごとはありません。もしかすると「債務者がオウヘイな態度などを取っていると・・・」当然ですが危ないかもしれません。

債務者(住宅ローン滞納者)からの立場から見ると、引越し代を出していただく立場となりますので、心構えが必要です。

任意売却で引越し代が100万と言われたけど・・・どうなの

不動産の任意売却においては、引越し代金がでる余地があるということをご説明いたしました。次は、金額的な話となります。

任売売却を勧誘された方で、「業者から100万の引越し代が支給される」と言われた方もいるようですが、これは現実的には支給されないと思います。交渉次第の世界ですので、100%無理とはいえない部分もありますが、100%に極めて近く「業者から100万の引越し代が支給される」はあり得ないと思います。

先ほども申しましたとおり、債権者の方で売却金額から賄われるので100万円という金額は現実的な金額ではありません。私の知っている任意売却をメイン業務で行っている会社では、30万円を目標として交渉を行っております。ほぼ、これは達成できているようで、現実的な金額はこの辺になってくるのではないでしょうか?

任意売却は専門的な知識と交渉が必要なので、依頼する業者や交渉力によりまちまちかと思っております。

引越し代を出してもらう為に債務者がする事

引越し代を出してもらうには、債務者(住宅ローン滞納者)が行うことは・・・。

「任意売却の経験を積んだ不動産屋さんへ任意売却を依頼する」につきると思います。そして、あくまで出してもらうという謙虚な気持ちを持つことも大切かもしれません。住宅ローンを滞納して、競売を申し立てられたり、任売売却をしたりすることは、債権者には非がないのに大きな損失を受けているわけで拗れている状態であることに変わりはないので、それを煽るような横柄な態度は見せるべきではないでしょう。

実際は、直接債務者が債権者とやり取りすることはないでしょう。担当する不動産会社が窓口になり、弁護士の先生や司法書士の先生が介入し交渉してくれますので、それに沿って対応するだけかと思います。

ネットで鼻から引越し代が支給されないという記事

今も掲載がされているかいないかは定かではありませんが、以前に、ネットで見た記事の中に、「引越し代が出ると嘘をついて勧誘する業者がいる」というものがありました。

確かに、火の車の状態になっている債務者に「引越し代が出る」という言葉は、強烈な印象があるかもしれません。しかし、「鼻から出ない」ということは間違いなので注意が必要です。せっかく債権者が新たな生活の為に出してくれる引越し代の恩恵を受けられないのは、逆に債務者の損失です。

そう言える根拠は、実話、「任意売却主任者試験」のテキストに引越し代について、基本金額が設定されているということが書かれているからです。

任意売却の資格は、国家資格でなない一般社団法人の民間の資格となります。主催は、一般社団法人の「一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会」です。こちらが発行している教材に、任意売却の引越し代について書かれております。借入先により、20万、30万円が基本額・・・と記されております。

話が相当こじれているだとか、債務者が協力的でないとか、任意売却自体が失敗に終わったなどでないかぎりは、債務者側に非がなければ捻出してもらえると思います。

コメント

  1. […] 【関連記事】ご紹介、任意売却で引越し代金が出る話は本当か […]