任意売却の6つのメリット

任意売却のメリットについてネットで調べるといろいろ出てきて迷ってしまいませんか?競売で売られることを防ぐ為におススメなのが任意売却制度なので、競売と比較しながら任意売却で債務者(住宅ローン滞納者)が受けるメリットをご説明いたします。正しい任意売却のメリットをお伝えいたします。

任意売却のメリット1 市場価格に近い金額で売却できる

任意売却においては、競売の売却基準価格を下回る可能性は低く、市場価格に近い金額で売却が可能な為、債務残高をより多く返済させることが見込まれます。競売での落札額は、市場価格に近い価格になる保証がありません。

任意売却のメリット2 売却代金の中から売却に係る費用を負担してもらえる

債権者(金融機関など)が回収する売却代金から、売却に係る費用は負担してもらえる可能性が高いです。通常は所有者が不動産を売却すれば、仲介手数料や引越し代金などの費用は、所有者が負担しなければなりませんが、これらの費用である引越し代や仲介手数料は、弁護側の交渉によりますが、負担される可能性が高いです。(実績としても十分あります)

【関連記事】ご紹介、任意売却で引越し代金が出る話は本当か

競売においては、全く考慮されることはありません。引越し代やでませんし、競売申立て費用(約60万円~)や遅延損害金などが、容赦なく債務残高に加算されます。

任意売却のメリット3 近所に経済状況を知られなくて済む

競売ではないので、通常の不動産売買となりますので、家を持っていかれると見られるわけではなく、引越しや住み替えをするものと見えるので経済状況が近所にばれずに済みます。秘密厳守で行えます。

競売ですと一般的に公開されますし、近所のことを考慮することはありません。

任意売却のメリット4 売却・引渡しについて融通が利く

売却のタイミングや引越しのタイミングをある程度考慮してもらえます。競売では日程が決まっており、債務者の予定など関係なく明け渡しをしなければなりませんが、任意売却では裁判所が相手ではなく、債権者が相手なので交渉に応じてもらえます。

任意売却のメリット5 残債についての相談を受けてもらえる

任意売却や競売をしたからと言って、残債が必ず0になるわけではありません。売却価格が、残ってた住宅ローン等より低い価格で売却された場合は、残債が残ることになります。

これについても、競売では全く相談の余地はありませんが、任意売却においては返済を返済能力に応じて相談や交渉に応じてもらえる場合場殆どです。

任意売却のメリット6 交渉により住み続けることも可能

リースバックというものを利用すれば、そのまま住み続けることもできます。家の所有権は失いますが、新たに所有差から賃借することも交渉等により可能です。お子様など配慮したり、他に行く当てがない場合など検討してみるのもいいでしょう。

いろいろなメリットがございます。新しい生活の見通しを立てられるメリットもプラスされます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする